ホームミシン使いこなし術 > In The Hoop刺しゅう

ミシン使いこなし術

In The Hoop刺しゅう

No.62

ミシンの刺しゅう枠の中で小物が作れるInTheHoop刺しゅう

「InTheHoop刺しゅう」製品紹介

In The Hoop刺しゅうってなに?
In The Hoop刺しゅうとは、ミシンの刺しゅう機能・刺しゅう枠を使って作品を作る技法です。
これまでの刺しゅうデータとは違い、縫い合わせなどの縫製も枠の中で行うので、刺しゅうをした後に実用縫製用にミシンを変更する手間がありません!
手順に従って進めて行けば、初めての方でも簡単に作品を作ることができちゃいます。

In The Hoop刺しゅうと通常の作り方の比較

In The Hoop刺しゅうの作り方 「In The Hoop刺しゅう」の作り方を動画でご紹介します!

 

In The Hoop刺しゅうで使うもの 「In The Hoop刺しゅう」を楽しむために必要なものをご紹介します。
「In The Hoop刺しゅう」に必要な刺しゅうミシンと刺しゅう枠
※ミシンの種類やサイズによって、縫えない刺しゅう、使用できないサイズの枠があります。
※刺しゅう枠のサイズに記載されている数字は枠の大きさではなく、刺しゅうできる模様の大きさの範囲(縫製範囲)です。
「In The Hoop刺しゅう」に必要な刺しゅう用接着芯と刺しゅう糸
「In The Hoop刺しゅう」に必要なお好きな布
布は、フェルトもしくは薄手~中厚の布を使用します。
使用する布による仕上がりの違いの検証結果
フェルトや中厚布などの厚め布はしっかりめなので、ずれにくく、刺しゅうもきれいに出るので初心者さんにもおススメ!
薄手布はひっくり返したり、綿を入れる作品にぴったりです。ずれやすいので、テープをしっかり留めましょう。
その他の材料(キルト綿・綿・リボンテープなど)

刺しゅうミシンでキルトやオーナメント、ガーランドなどが作れます
「In The Hoop刺しゅう」刺しゅう模様USBメモリーでは、全部で25種類もの作品が作れます!
物によって必要な刺しゅう枠もそれぞれ。刺しゅう枠のサイズごとに分けて、出来る作品をご紹介します!
刺しゅうミシンでキルトやオーナメント、ガーランドなどが作れます

対応ミシンのご案内
対応ミシンのご紹介(FM1100・NX2500D・Onnovis VF1)

FM1100
イノヴィスNX2500D
Innovis VF1

 

ページ装飾

 

「ミシン使いこなし術」トップへ