ホームミシン使いこなし術 > 始まりました!東京国際キルトフェスティバル

ミシン使いこなし術

始まりました!東京国際キルトフェスティバル

No.49

今年も始まりました、東京国際キルトフェスティバル!
いち早く、今年のブラザーブースの様子をお伝えします。
これから行くよと言う方、迷っている方、行きたいけど泣く泣く行けない方
是非参考にしてくださいね♪

まずはブース入口。入場したらまず目指してください!
今年のブースは、フェスティバルのテーマでもあるウィリアムモリスを意識したデザインです。

ブラザーブースに来ていただきましたら、ワークショップのご予約をお忘れなく!
ワークショップは二種類!まずは刺しゅう機能を使ったブランケット作り。
イニシャル入りで自分だけの一枚に仕上がります。寒い東京ドーム内でも大活躍しますよ!

もう一つはペンシルケースです。
最新のキルト用ミシン「コンパル1500Q」の縫い心地を体感いただきながら、便利なアイテムが作れます。
ペンではなく、ソーイング用品を入れても良いですね!
ワークショップは定員がありますので、お早めのご予約をお勧めします。

東京国際キルトフェスティバルと同じだけの開催を誇る「ブラザーキルトコンテスト」。
第15回の受賞作品を展示しております。
日本国内だけでなく海外からのエントリー作品もあり、素晴らしい作品の数々です。

最新の刺しゅう専用機「VR100」
こちらは筒縫いの刺しゅう機なので、帽子にもらくらく刺しゅう。
そして画期的なのが、「フリーモーションモード」。広い面積にらくらくフリーモーションができます。
一見の価値ありですよ!

キャップに刺しゅうをしているところです。

こちらには、最新のミシンをずらりと展示!

カッティングマシン「スキャンカット」もありますよ。
ソーイングはもちろん、クラフト全般で使える優れものです。
この機会にお試しください☆

こちらはブラザーソーイングカレッジのお知らせです。
素敵な作品を作りながら、いろいろなテクニックが楽しく学べます!
会場にて詳細ご案内しております

皆様のご来場を、スタッフ一同お待ちしております!!

「ミシン使いこなし術」トップへ