Sew Co.World ソーイングがもっと楽しくなる!手作り情報サイト

ホームミシン入門 > 選び方のポイント

選び方のポイント

ミシンの各種機能や様々な方式の相違点、ブラザーのミシンならではの特長などを詳しくご説明します。

ミシンのサイズ

ミシンは大きく分けて「フルサイズ」「レギュラーサイズ」「コンパクトサイズ」の3タイプがあります。

  メリット デメリット
フルサイズ
レギュラーサイズ
コンパクトサイズ
  • 大きなものから小さなものまで縫えます。
  • ミシン本体をしっかりと設置できるので、がたつきにくく安定したソーイングができます。
  • 置き場所、しまう場所を広く必要とします。
  • 重いので持ち運びが大変です。
  • 軽いので、出し入れ、持ち運びが簡単です。
  • 置き場所、しまう場所をあまり取りません。
  • 懐が狭いので、大きなもの (洋服、カーテン等)を縫うのには向いていません。
  • 小さく軽いのでフルサイズと比べると縫う時に不安定になることがあります。

スピードコントロール

スピードコントロール

ミシン初心者に一番必要な機能は、低速で安定したソーイングができることです。縫い始めをゆっくりにできる機能があるミシンや、ゆっくり縫う時でもスムーズな力のあるミシン(電子ミシン、電子速度制御ミシン、コンピュータミシン、刺しゅうミシン)をお勧めします。

※一部の通信販売等で売られている廉価のミシン(電動ミシン)は、低速のソーイング時に力が無いために、うまく仕上げられないものがありますのでご注意ください。

糸通し機能

ミシン初心者の方が一番困るのが、縫い始める前の複雑な糸の準備です。糸のかけ方を少しでも間違えるとミシンは正しく動きません。
「オートマチック糸通し」なら、誰でも簡単に「針穴」まで糸のセットができます。
また、「クイック上糸通し」「スーパー糸通し」なら面倒な上糸通しがレバー操作で簡単にできます。

オートマチック糸通し

オートマチック糸通し

クイック上糸通し

クイック上糸通し

スーパー糸通し

スーパー糸通し

ぬい模様の切り替え

ぬい模様の切り替えは、スイッチによる方式と、ダイヤルを回す方式があります。スイッチ方式は、模様切り替えが簡単で、豊富な模様が選択できます。液晶タッチパネルはスイッチ方式を発展させたもので、液晶画面にタッチするだけで、縫いたい模様をダイレクトに選択できます。

液晶タッチパネル

液晶タッチパネル

ダイレクト選択

ダイレクト選択

ダイヤル方式

ダイヤル方式

ぬい目の長さ・幅

ジグザグ模様などの幅や長さの調整ができると、ぬい方が色々と調整できて便利です。ぬい目の長さや幅を調整する方式として、タッチパネルで手軽に調整できる液晶タッチ方式、スライドバーで調整するスライド方式、ぬい目の長さや幅を細かく設定できる数値方式があります。

液晶タッチ方式

液晶タッチ方式

スライド方式

スライド方式

数値方式

数値方式

刺しゅう機能

刺しゅう機能

刺しゅう機能付きのミシンを使えば、ミシンが自動で美しい刺しゅうをしてくれます。バッグや小物や洋服に刺しゅうを入れると、自分だけのオリジナルな作品に仕上がります。
ブラザーでは、お子様の大好きなキャラクターから、大人の方にも満足いただけるクラフト模様まで、様々な刺しゅう模様を用意しています。PCに自分の好きな絵や模様を取り込んで刺しゅうデータにできる「刺しゅうプロ」や刺しゅうデータダウンロードサービスも、全てのブラザー刺しゅう機付き家庭用ミシンでご利用いただけます。

> 刺しゅうプロ

> ハートステッチズDL

© Disney. Based on the "Winnie the Pooh" works by A.A. Milne and E.H. Shepard.

このページの先頭へ