Images of
Embroidery Lifestyle
002

for Everyone

for-everyone

身につけるものに、
刺しゅうでアクセントを。

Jun 10, 2019

日々の暮らしのなかにある、何気ないもの。そのなかにオリジナルの刺しゅうを施してみてはいかがでしょうか?今回は、“刺しゅう芸人”として知られる「グッドウォーキン」の上田歩武さんと国内外問わず幅広いフィールドで活躍するイラストレーターの花井祐介さんがデザインしてくれた刺しゅう模様の活用例をいくつかご紹介していきます。


誰もが持っているであろう、無地で装飾がないお洋服や身につけるもの。好きな場所に刺しゅうを施すことでより愛着がわくのではないでしょうか。刺しゅうミシンの活用例に少しだけ触れていきましょう。

まずは、お子さん用のニット。上田歩武さんデザインの刺しゅうをフェルトに施し、丸くカットしたものをステッチで縫いつけました。ニットの色味が控えめな分、ステッチの色にも彩りを加えてワンポイントに。

一年中活躍するシンプルなTシャツは、まるで刺しゅうがよく映えるキャンバスのよう。好きなところにお気に入りの刺しゅうを配置してみましょう。今回は、上田さんデザインのロゴの刺しゅうを胸ポケット上に入れてみました。

サーフカルチャーから影響を受けた花井祐介さんがデザインしてくれた刺しゅうは、こんな風にサーフボードケースに施すのもおすすめです。手づくりのサーフボードケースを愛用されているサーファーの方も多いと思いますが、刺しゅうがアクセントになるのでぜひ試してみてください。

古いアメリカのワッペンをイメージしてデザインしたという花井さんの刺しゅうをフェルトに施し、キャップにオン。このようにワッペンのように楽しめることも刺しゅうの魅力です。


Link of Motifs