アニマルトロフィー画像

ハンドメイド作家とつくる
ブラザーソーイングワークショップ

第1回アニマルトロフィーを作ろう

lectured by
花村 一晃

アニマルトロフィーデザイナー

イベントレポート

注目のハンドメイド作家を講師に迎え、ミシンを使った作品づくりを体験するブラザーソーイングワークショップ
記念すべき第1回目は、シカ・トナカイ・ヤギ・ヒツジなどの様々な動物の壁飾り「アニマルトロフィー」を製作し、minneハンドメイド大賞2017のグランプリにも選出されたアニマルトロフィーデザイナー・花村一晃さんを講師にお迎えし、ユニコーンのアニマルトロフィー作りを開催しました。

参加されたみなさんにとって初めてのアニマルトロフィー作りですが、ミシンの役立つ使い方や様々なテクニックを学びながら個性豊かな作品を作り上げました。イベントレポートでは、当日の作品づくりの様子をご紹介しながら、花村さんならではの役立つ裏ワザテクニックや実際に使用した道具などの情報もお届けしていきます!

花村 一晃プロフィール写真

講師プロフィール

Hande und Stitch / アニマルトロフィーデザイナー

花村 一晃

大阪芸術大学、文化服装学院 にてテキスタイル、服飾を学ぶ。衣装製作、アパレルメーカーを経て、渡独。
2011年帰国後、『アニマルトロフィー』の製作を始動。2016年KOBE 『DRART!13』を機に"Hande und Stitch"をスタート。
『minneハンドメイド大賞2017』グランプリ受賞。ワークショップ講師も行う。

WEB SITE

ワークショップ開催情報

企画名 ブラザーソーイングワークショップ
第1回「アニマルトロフィーを作ろう」
内容 ブラザーミシン「parie」を使って、動物の壁飾り・アニマルトロフィーのユニコーン作りを体験します。
講師 Hande und Stitch / アニマルトロフィーデザイナー
花村 一晃
開催場所 ブラザーミュージアム
愛知県名古屋市瑞穂区塩入町5−15
開催日時 2018年3月21日(水)
10:00~17:00
参加人数 5名
ワークショップ風景

当日の様子と作品作りのご紹介

ワークショップでは、ミシンによる縫製から各パーツへの綿詰め、そして仕上げの組み合わせまで、アニマルトロフィーづくりの各工程を体験しました。みなさん、初めは戸惑いながらのスタートでしたが、花村さんによる丁寧なレクチャーにより、世界にひとつ・自分だけの作品づくりを楽しんでいました!当日の作品づくりの様子とともにアニマルトロフィーが出来上がるまでの流れをご紹介します。

step1布を裁断します

作りたい動物をイメージしながら好きな色の布を選び、パーツごとに裁断します。今回は事前に裁断したパーツキットを使用しました。好きな組み合わせを選んでパーツを並べたらスタートです。

ワークショップ画像01 ワークショップ画像02

step2パーツごとに縫製します

布パーツを縫製して顔や耳、ツノを作っていきます。小さなパーツ同士の縫い合わせやカーブ縫いなどの細かな作業もありましたが、まち針で固定しつつ、ミシンの縫うスピードを調整することでゆっくりと丁寧に仕上げていきます。写真は耳を作っている様子。

ワークショップ画像03 ワークショップ画像04

step3綿詰めします

顔、耳、ツノの各パーツに綿を詰めていきます。この作業が意外と大変!想像以上にたっぷりの綿を隙間なく詰めていきます。ツノや耳などは竹箸を使って先端までしっかりと詰めます。

ワークショップ画像05 ワークショップ画像06

step4パーツを手縫いで縫い合わせていきます

いよいよ最終段階。綿詰めした各パーツを手縫いで縫い合わせていきます。同じ動物でも、角や耳の位置や角度は人それぞれ。個性豊かなユニコーンが出来上がっていきます。

ワークショップ画像07 ワークショップ画像08

finish完成です!

ワークショップ画像完成

ついに完成です!みなさん初めてのアニマルトロフィー作りでしたが、花村さんの丁寧なレクチャーにより世界にひとつ・自分だけのユニコーンが出来ました。お疲れさまでした!

次のページでは花村さんによる作品づくりの役立つ情報や
実際に使った道具たちをご紹介!

PAGE